銀行からの借入実績は、住宅ローンの審査での加点材料

お金を借りれる条件として、「信用がある」ということが一つの条件であることは、いつの時代も変わらないことです。カードローンやクレジットカードだけでなく、住宅ローンの場合も同じことだと言えます。銀行で住宅ローンを組みたいのなら、それなりの借入実績と返済実績を作っておいた方が有利です。

銀行や消費者金融は、融資の申し込みがあった場合「個人情報信用機関」を使って貴方の返済実績などをチェックします。もちろん、借入実績があっても返済が滞っていれば、「信用は悪く」なってしまいますが、数年間に渡って借入の実績が無いのも少々考えようです。

金融事故をおこしてしまっている人を「ブラックリスト」などと言うこともありますが、全く利用経験が無い人を「スーパーホワイト」なんて言い方をすることがあります。

このスーパーホワイトの場合、「全く借金の返済をした経験が無い」ということになるので、貸し出す側も必要以上に慎重になってしまうことでしょう。数万円の少額融資の場合は、さほど重要視されないかもしれませんが、住宅ローンのように多額の融資の場合はこの実績も影響してしまいます。

クレジットカードをステイタスカードと言う人がいます。クレジットカードで、ステータスを得るには、クレジットカードを利用してショッピングなどを行い、しっかり返済を行なっていく必要があります。このステータスが上がれば、他の会社でクレジットカードを作ることも容易になります。住宅ローンの場合も同様に、以前に借入の経験があり、しっかり返済を行なっていることで信用情報も上がっていきます。

全く借金が無く、安定した収入があるのに、住宅ローンの審査に落ちてしまう方は、ここに問題がある可能性が高いのです。Aという銀行を使って住宅ローンを行うのであれば、Aという銀行の取り扱うカードローンなどを利用してみては如何でしょうか。

カードローンを正しく利用することで、実績を積み、住宅ローンにステップアップするのです。もちろん、信用情報は共有されますので、絶対にAという銀行でカードローンを組む必要は無いのですが、後々の事を考えて同じ銀行を利用するメリットは大きいと思います。

住宅ローンの相談もしやすいことでしょう。取り扱う金融商品によっては、住宅ローンを組んだ際の金利が優遇されるケースだってあります。銀行からの借入実績は、貴方を「信用できる人間」と判断する加点材料となります。是非、未来の高額の買い物の為に、銀行からの借入を活用しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ブラックでも借りれる消費者金融があるって本当ですか!答えはここ! All Rights Reserved.