カードローンに担保は必要?借りる前に知っておきたい基礎知識

銀行や、消費者金融のカードローンの経験の無い方は、保証人や担保について不安はあることでしょう。HPなどの説明文には、「基本的には無担保・保証人無し」で融資が可能と記載がされています。「基本的?」なんて言葉で不安になってしまうのかもしれませんが、個人向けの融資(カードローン)の際、100%に近い確率で保証人や担保は必要ありません。もし、保証人・担保が必要だと言われた際は、お断りして他社を探した方が良いでしょう。

法人向けに行われる、事業資金の貸付や、大口の融資の場合は、連帯保証人や担保が必要となるケースもあります。しかし、5万円~数百万円程度のお金を借りるのに、保証人や担保を求めてくる金融機関はありません。「質屋」は物品を質入れ(担保)することでお金を貸す機関になりますが、消費者金融などの貸金業者の場合、「貴方の信用」でお金を貸し出すことになります。あえて、担保と言うのであれば「貴方の社会的信用」が担保になります。

申し込みの際は、貴方の信用情報が指定機関に記入されます。もちろん、申し込みだけではありません。クレジットカードやカードローンの利用履歴、返済履歴、延滞情報、多くの情報が掲載されることになります。貸金業者や、クレジット会社は、この情報を使って審査を行なっていくことになります。

貸金業者からのお金の返済が一定期間遅れてしまったり、踏み倒してしまった場合は、この信用情報に傷が付いてしまいます。差し押さえ等をされない限り、財産を失うことはありませんが、金融機関からの信用を失うことになります。

もちろん、この個人信用情報は、他人が勝手に観覧することはもちろん、就職面接の際などの合否判定に利用することは禁じられていますので、社会生活を送る上で不利になることはあまりないかもしれません。

しかし、日本の法律を守って営業を行なっていう金融機関から借金をすることは出来なくなるので、苦しい生活を強いられることになるかもしれません。

担保がある借金の場合、担保を失うことで信用を失うことはありませんので、見方によっては「担保を必要とする借金」の方が後腐れすることが無いのかもしれません。

カードローンに必要なのは、貴方の信用です。担保は必要ありません。もし、担保が必要と言われてしまった場合、他社に申し込むようにしましょう。それでも、審査に通らないのであれば、貴方の信用情報に問題があります。まずは、信用情報が改善するように行動する必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ブラックでも借りれる消費者金融があるって本当ですか!答えはここ! All Rights Reserved.