キャッシングの業者選びは商品の特徴を要チェック!

キャッシング業者のイメージはだいぶ改善されて来ました。昔のように「サラ金地獄」と言われることはないくらいにまで、金利は引き下げられ、総量規制によって収入に合わない多額の借金も行えないようになりました。銀行も個人融資への少額融資を積極的に行なってくれるようになりましたので、消費者金融だけでなく、銀行も借り入れ先の候補にされている方も多いことでしょう。

「どこにすれば良いの?」と思われる方も多いことでしょう。ある程度の信用がある人であれば、融資を断れてしまうことはないでしょう。ですので、借り入れ先を選ぶ際は、自分にあったサービスを提供してくれるところを選ぶように心掛けましょう。

キャッシングの事実を人に知られたくない方

自分で十分に注意をしていれば、消費者金融や銀行などからの借金がバレることはありません。しかし、「財布のカードを見られたら困る」「返済時に知られたくない」などの理由がある方は、銀行の行うカードローンを選ぶのが得策です。

キャッシュカードと一体型になっているものも多いので、そのような金融商品を選ぶことで、銀行のキャッシュカード一枚で自由に借り入れ返済が行えます。見た目も普通のキャッシュカードと同じですので、誰に見られても安心です。返済時も自分の口座に入金している感覚で行えます。

給料前に一度だけ利用したい方

キャッシングはしたくないけど、今回だけ利用して直ぐに解約をしたいと言う方でしたら、最初の契約から数日間は無利息で借り入れが出来る商品を選びましょう。30日間お利息無料なんて宣伝はよく耳にします。一度だけの利用と決めていて返済予定日が確実に決まっているのであれば、年金利に関係なく、無利息期間を設定してくれているカードローンがオススメです。

ショッピングにも使えるカードを持ちたい方

クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もありますが、提携カードを新たに作成する方法もオススメ出来ます。大手消費者金融や、銀行が提携となって発行してくれるものを選べば、キャッシングの申し込み時も安心できそうです。

クレジットカードは持ち続けて、定期的に利用することで貴方のステータス値が上がります。ショッピングメインであればクレジットカードがオススメです。

公共料金などの引き落とし時に残高不足となってしまう方

これは、銀行などのカードローンに多く見られるサービスですが、公共料金などの引き落としの時に残高不足となった場合、一時的に不足額を埋めてくれるものです。毎月、口座への入金を忘れてしまう方にはかなり助かるサービスでしょう。

もちろん、クレジットカードを使って同じようなことが出来ますが、これはカードローンで行なってくれるものになります。

周囲の人とお金のサイクルが違う方

「給料日は25日前後、支払いは月末」という方は多いかと思いますが、誰しも同じとは言えません。職種や会社によっては、10日に給料日という会社だってあります。実際に自分が以前、勤めていた会社の給料は、20日締めの翌10日払いでした。世間一般のサラリーマンが金欠状態の時に懐が暖かく、月末は給料前でピンチというサイクルでした。

このような方でしたら、返済期日を自分で設定出来る金融商品を選ぶようにしましょう。銀行などでのカードローンでは難しいかもしれませんが、大手消費者金融でしたら、任意に返済期日を設定出来る場所もあります。毎月、返済日にお金が足りない方は、このような金融商品はかなりオススメです。

キャッシング会社を迷ってしまう方は、是非、参考にされてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ブラックでも借りれる消費者金融があるって本当ですか!答えはここ! All Rights Reserved.